不妊治療で改善ランキング

【不妊症の治療方法】
不妊症の治療には、いくつかの治療方法があります。 不妊治療の初期に行われるタイミング指導(タイミング法)は、排卵の周期に合わせて性交を行うことで妊娠を促すという方法です。 確実に妊娠をするためには、精子と卵子が出会うタイミングをしっかりと合わせる必要があります。タイミング法は基礎体温を付けて排卵日を知ることが大切です。 それを元に、排卵の直前から3日以内に性交を行います。不妊治療の中でも妊娠の確率が高い方法といわれており、自然妊娠に近い形で妊娠できるため体への負担も少なく、治療費も比較的安いことから支持されています。
アキュモード式不妊症改善セルフケアDVD
不妊症・婦人疾患治療院 アキュモード 院長の北村 恵実子氏が提供する商材です。今一番売れている信頼の不妊治療の商材です。 自宅で自分の「妊娠力」を引き出す アキュモード式妊娠術。
こんな方におすすめです。
・2年以上、夫婦生活しているのに授からない
・ 年齢のリミットを感じて焦っている
・ 不妊治療に疲れた
・ 治療、お金、仕事との両立のことなど不安がいっぱい
・ 二人目がどうしても授からない
・ 流産して大泣き
・ 男性不妊に悩んでいる
・ 子宮筋腫、排卵障害、生理不順などの問題を抱えている
・ 不妊治療・骨盤矯正・サプリ・漢方・神頼み・・・全部ダメだった

購入者の体験談を読む


販売価格:13,980円


 たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」らくらく妊娠〜さよなら不妊!
この教材は、不妊で悩んでおられる方をはじめこれから赤ちゃんがほしいと願う方のために書かれた
「正しい妊娠のための過ごし方」の基本的な教材になります。

「しあわせ妊娠マニュアル」は、毎年、非常に安定的に売れている教材です。

その理由は、「子宝の知恵」のノウハウで、自然で健康な妊娠ができた方が数多く生まれているからと自負しております。





販売価格: 15,800 円


不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック【安心の全額返金保証付】
  30年間で不妊症カップルを13,000組妊娠成功に導いた自宅で出来る解決法

私は現在、横浜で漢方薬局を経営しており、 不妊症の周期療法というのを実践しております。
(なお、このサイトで漢方薬を宣伝したり売りつけるような事はありませんのでご安心下さい。)

20年の経験があり、これまでに累計 8,290 人以上の女性の妊娠をサポートしてきました。

おかげさまで、毎日のように「赤ちゃんできました!」という喜びの声が届いています。

私はそれらの声を、薬局に来られる方に希望を与えられるように、体験談を読む

販売価格: 17,800 円

一方で、タイミング指導による妊娠のチャンスは月1回と限られているため、計画的に治療に取り組む必要があります。 不妊治療には排卵誘発剤が多く使われます。 排卵誘発剤には、卵巣を刺激することで排卵を促すという作用があるため、一度により多くの卵子が放出されることで双子や三つ子が生まれやすいという傾向があります。 また、様々な理由から精子と卵子の自然な受精が難しいという場合は、体外受精を行うことになります。体外受精は精子と卵子をそれぞれ採取し、体外で受精させて、その受精卵を再び子宮に戻すことをいいます。 体外受精には顕微受精と胚移植の2通りの方法があります。 顕微授精は顕微鏡を使い、卵子に直接、精子を注入させるという方法です。胚移植は、体外受精で受精した「胚」と呼ばれる受精卵を子宮内に移植し、着床させることをいいます。 そのほかに、人工妊娠という方法もあります。人工受精は精液を直接、子宮に注入するという方法です。運動量の多い、元気で活発な精子を選ぶことができるので妊娠の確率がより高まります。 不妊治療を始めるにあたり、できるだけ自然に妊娠することにこだわることで抵抗感を感じてしまう場合が少なからずありますが、これらの治療はあくまでも受精を手助けするための方法だということをよく理解しておきましょう。いざ不妊のための治療を始めても、すぐに良い結果が出るかというと必ずしもそうではないですが、諦めずに辛抱強く不妊治療を続けていきましょう。
【男性不妊症】

男性不妊症は、不妊の原因が主に男性側にあることをいいます。女性の不妊症と比べると、まだあまり一般的ではなく、男性不妊症について知らないという方が多いのが特徴です。

 

男性不妊症には原因がよくわからないものが多く、そのうちの5割から6割を占めるのが特発性造精機能障害です。これは、主に精子を作る機能が損なわれていたり、精子の量や質の劣化、精子の発育不足などが考えられます。造成機能障害は精子を造る能力自体が低いもしくは全く無い状態であることをいい、男性不妊症の主な原因のおよそ9割以上を占めるといわれています。奇形精子症は精子の奇形率が30%以上の場合をいいます。いずれも正常な状態で妊娠をすることが難しく、不妊の原因になると考えられます。

 

そのほかにも、乏精子症や精子無力症、無精子症などの不妊に関する様々な要因が挙げられます。不妊症は、普段、とくに健康に目立った問題がない場合が多く、検査をして初めてわかったというケースも珍しくありません。よく調べる前から、不妊の原因を女性側の責任だと勝手に決めつけてしまわずに、きちんと病院で検査をすることが重要です。

 

男性不妊症の検査は、問診の後、精液検査を行います。ここで、精液の量や濃度、運動率などについて調べます。そのほかに、精巣容積についての診察やホルモンの測定などを行います。プライバシーがしっかりと守られているため、安心して受診することができます。

 

また、勃起不全や射精障害などの性機能障害が原因で、妊娠することができないという場合があります。性機能障害は性行為に子の際に何らかの支障をきたす症状のことをいいます。この場合、性行為や射精が上手くいかず、精液が正しく送り出されないことが要因になっている可能性があります。これは、男性不妊症とは定義が異なりますが、妊娠することができない理由のひとつとして知っておくことが必要です。

 

不妊症は、男女どちらかだけの問題というわけではありません。不妊の原因についてしっかりと調べ、パートナーと協力して治療に臨むことが大切です。

続きを読む≫ 2012/10/01 16:00:01
【不妊症保険】

現在、不妊症の治療には多額の費用が必要になります。日本では、不妊治療に関する費用のほとんどが自己負担となっているため、金銭的な問題から不妊治療を受けることを決めることができずに悩んでいるという方も少なくありません。一方で、自治体によっては、申請をすることで不妊治療にかかる費用の一部を負担してくれるという補助金制度を設けているところもあり、不妊治療に関する環境は少しずつですが変化してきているといえます。

 

不妊症保険は、不妊治療を始めるにあたり、加入しておくことで治療費を負担してもらうことができるという保険制度です。主に、女性専用タイプの保険という形で、女性の病気や疾患などで通院または入院をする際、条件により、治療費の一部を負担してもらえたり、場合によっては入院給付金などをもらえることがあります。保険が適用される条件は、保険会社や病気の種類などによって異なります。また、医師の審査が必要になるという場合もあるのでまずは担当医に相談をすることが必要です。

 

不妊治療が保険の対象に該当するかどうかの判断は保険会社によって様々です。保険の加入を断られたからといって落ち込まず、いくつかの保険会社に問い合わせて説明を聞いてみましょう。また、不妊症以外に以前から持病があったり、別の保険に加入しているという方は、それも含めて保険会社に問い合わせてみることが必要です。不妊治療に保険を利用することで、より安心して治療に取り組んでいきましょう。

 

国を挙げて少子化対策に徹底して取り組んでいくためにも、不妊治療に関する費用面の問題にはまだまだ見直しが必要です。不妊症に悩む一人でも多くの方が、安心して不妊治療に取り組める環境づくりへの期待が高まります。

 

子供を望む夫婦にとって、不妊治療にかける思いはとても大きなものです。金銭面などの問題ですぐに諦めてしまわずに、まずは問題解決のためのいろいろな方法をじっくりと探してみましょう。

続きを読む≫ 2012/10/01 16:00:01

【妊娠しやすい身体づくり】

妊娠したい、という気持ちは不妊という問題を抱えているご夫婦みなさんが常に感じていることではないかと思います。より確実に妊娠するために、妊娠しやすい身体づくりをするための準備をしていきましょう。

 

まずは、普段の生活を見直してみることから始めましょう。生活習慣をしっかりと整え、規則正しい生活を送るように心掛けましょう。睡眠時間をきちんと取ったり、起床や就寝の時間を整えるなど、出来ることから始めるのがおすすめです。食生活も重要です。毎日、きちんと食事を摂るだけでなく、好きなものばかり食べずに栄養のバランスを考えた食事を摂るようにしましょう。

 

また、ストレス解消をすることも大切です。ストレスが溜まってイライラした状態が続くと、知らず知らずのうちに体に負担が掛かってしまいます。不妊について悩んだり、考え込んでしまう気持ちもわかりますが、ストレスを溜め込むのは逆効果です。あまり心配しすぎずに、時々、気持ちを切り替えるようにすることが大切です。

 

体重を標準にしておくことも必要です。太りすぎたり、痩せすぎたりしてしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れて、妊娠が難しくなってしまう場合があります。できるだけ適正体重を保つようにしましょう。

 

冷え症や貧血などで悩んでいるという方は、体の中から改善していくことが必要です。冷え症は女性に多くみられる症状の一つで、血液循環がうまくいかないことで引き起こされます。冷え症は不妊だけでなく様々な症状を引き起こす要因にもなるので、普段から対策をしておくことが必要です。貧血は、鉄分を多く摂取することで改善することができます。妊娠をすると、鉄分の消費が増えるため、日頃から意識的に鉄分を補いましょう。

 

また、基礎体温は不妊治療のためだけでなく、体調の変化を判断する目安にもなるので日頃からきちんと付けておくことが大切です。

 

妊娠しやすい身体づくりをすることで、より妊娠に対する意識を高めましょう。

続きを読む≫ 2012/10/01 16:00:01
【女性不妊症】

女性不妊症は、不妊の原因が主に女性側にあることをいいます。

 

女性不妊症は主に、排卵障害や卵巣機能の低下などが不妊の原因として多く見られます。そのほかにも、無排卵月経や骨盤腹膜炎、子宮筋腫や子宮内膜症、チョコレート嚢胞(のうほう)や多嚢胞性卵巣症候群などの病気が不妊の主な原因として考えられます。

 

また、生理不順や冷え症、肥満などの症状も不妊の原因になるといわれています。生理不順はホルモンのバランスが乱れることが原因で起こります。生活習慣や食生活の乱れなどを整えることが肝心です。冷え症は血行不順が主な原因で起こります。冷え症に効果のある食べ物を摂取したり、体を芯から温めることが必要です。また、肥満はホルモンのバランスを崩して、排卵障害を引き起こす要因にもなります。食生活を見直したり、運動を毎日の習慣にするなど、体重を標準に保つための努力をしましょう。

 

ホルモンの異常も不妊の原因に大きく影響してきます。ホルモンの分泌が正常に行われないと、妊娠しにくくなってしまう場合があります。女性ホルモンのバランスを整えるためには、睡眠時間をしっかり取ることが大切です。また、適度に運動をして体を動かしたり、心からリラックスできる時間を取ることも必要です。

 

不妊の原因になる可能性のある問題を一つでも多く解消していきましょう。

 

不妊の検査は血液検査やエコー、ヒューナーテスト、子宮膣部細胞診、抗精子抗体検査、クラミジア検査などが行われます。様々な検査を行うことで、不妊の原因についてより詳しく調べていきます。検査を重ねた結果、どうしても不妊の原因がわからなかったという場合も少なくありませんが、様々な検査をすることで自分にぴったり合った治療法が見つかるという可能性も期待できます。

 

不妊症はとてもデリケートな問題なので、大きな不安や恥ずかしさなどがあり、病院に行くことを決断するにも勇気が必要になることがあります。まずは、思い切ってパートナーに相談をしてみることが大切です。

続きを読む≫ 2012/10/01 15:59:01
【不妊症とは?】

不妊症とは、ともに健康な男女が妊娠可能な年齢にもかかわらず、一定の期間、妊娠することができない状態のことをいいます。期間は一般的におよそ2年間で、その期間を過ぎても自然に妊娠することができないという場合は、不妊症である可能性を考えて、専門の病院にかかる必要があります。

 

不妊症であるかどうかは、病院の産婦人科で検査をすることで判断します。不妊症の原因をいろいろと調べることで、これからどういうふうに治療を進めていくかという方針を決めていきます。不妊症を調べるための検査は病院によっても異なりますが、まずは血液検査でのホルモン測定や尿検査などを行います。いくつかの検査を経て、不妊症と診断された場合、不妊症の治療に入ることになります。不妊症の治療は主に3つの段階に分けられます。一つ目はタイミング法の指導や薬物療法、二つ目は人工授精、三つ目は体外受精や顕微授精などの高度生殖医療です。

 

不妊症には二人目不妊といって、二人目以降の子供をなかなか授かれない場合もあります。
一人目を自然に妊娠・出産し、授乳期間が終わってから2年を過ぎても二人目を授かれないというときは、かかりつけの病院に相談しましょう。

 

不妊症で悩んでいるという方は少なくありません。不妊症は、夫婦どちらかだけに責任があるというわけではないので、できるだけ相手を責め立てたりするのはやめましょう。不妊症についての正しい知識を知り、きちんとした治療を続けていくことが大切です。

 

また、不妊症で悩んでいる方の中には誰にも相談できずに一人で悩みを抱え込んでしまっているという方も少なくありません。兄弟や仲の良い友人など、身近に相談できそうな方がいるという場合は思い切って相談をしてみると良いでしょう。どうしてもそういう相手が見つからないという場合は、不妊症で悩む方が利用しているインターネットのホームページなどを検索してみると良いでしょう。同じ悩みを共有することで、気持ちが少し楽になることがあります。

 

子供を望むご夫婦にとって、不妊症はとても重大な問題です。お互いをしっかりと支え合い、時間をかけて乗り越えていきましょう。

続きを読む≫ 2012/10/01 15:59:01