【男性不妊症】

男性不妊症は、不妊の原因が主に男性側にあることをいいます。女性の不妊症と比べると、まだあまり一般的ではなく、男性不妊症について知らないという方が多いのが特徴です。

 

男性不妊症には原因がよくわからないものが多く、そのうちの5割から6割を占めるのが特発性造精機能障害です。これは、主に精子を作る機能が損なわれていたり、精子の量や質の劣化、精子の発育不足などが考えられます。造成機能障害は精子を造る能力自体が低いもしくは全く無い状態であることをいい、男性不妊症の主な原因のおよそ9割以上を占めるといわれています。奇形精子症は精子の奇形率が30%以上の場合をいいます。いずれも正常な状態で妊娠をすることが難しく、不妊の原因になると考えられます。

 

そのほかにも、乏精子症や精子無力症、無精子症などの不妊に関する様々な要因が挙げられます。不妊症は、普段、とくに健康に目立った問題がない場合が多く、検査をして初めてわかったというケースも珍しくありません。よく調べる前から、不妊の原因を女性側の責任だと勝手に決めつけてしまわずに、きちんと病院で検査をすることが重要です。

 

男性不妊症の検査は、問診の後、精液検査を行います。ここで、精液の量や濃度、運動率などについて調べます。そのほかに、精巣容積についての診察やホルモンの測定などを行います。プライバシーがしっかりと守られているため、安心して受診することができます。

 

また、勃起不全や射精障害などの性機能障害が原因で、妊娠することができないという場合があります。性機能障害は性行為に子の際に何らかの支障をきたす症状のことをいいます。この場合、性行為や射精が上手くいかず、精液が正しく送り出されないことが要因になっている可能性があります。これは、男性不妊症とは定義が異なりますが、妊娠することができない理由のひとつとして知っておくことが必要です。

 

不妊症は、男女どちらかだけの問題というわけではありません。不妊の原因についてしっかりと調べ、パートナーと協力して治療に臨むことが大切です。