不妊治療

【不妊症保険】

現在、不妊症の治療には多額の費用が必要になります。日本では、不妊治療に関する費用のほとんどが自己負担となっているため、金銭的な問題から不妊治療を受けることを決めることができずに悩んでいるという方も少なくありません。一方で、自治体によっては、申請をすることで不妊治療にかかる費用の一部を負担してくれるという補助金制度を設けているところもあり、不妊治療に関する環境は少しずつですが変化してきているといえます。

 

不妊症保険は、不妊治療を始めるにあたり、加入しておくことで治療費を負担してもらうことができるという保険制度です。主に、女性専用タイプの保険という形で、女性の病気や疾患などで通院または入院をする際、条件により、治療費の一部を負担してもらえたり、場合によっては入院給付金などをもらえることがあります。保険が適用される条件は、保険会社や病気の種類などによって異なります。また、医師の審査が必要になるという場合もあるのでまずは担当医に相談をすることが必要です。

 

不妊治療が保険の対象に該当するかどうかの判断は保険会社によって様々です。保険の加入を断られたからといって落ち込まず、いくつかの保険会社に問い合わせて説明を聞いてみましょう。また、不妊症以外に以前から持病があったり、別の保険に加入しているという方は、それも含めて保険会社に問い合わせてみることが必要です。不妊治療に保険を利用することで、より安心して治療に取り組んでいきましょう。

 

国を挙げて少子化対策に徹底して取り組んでいくためにも、不妊治療に関する費用面の問題にはまだまだ見直しが必要です。不妊症に悩む一人でも多くの方が、安心して不妊治療に取り組める環境づくりへの期待が高まります。

 

子供を望む夫婦にとって、不妊治療にかける思いはとても大きなものです。金銭面などの問題ですぐに諦めてしまわずに、まずは問題解決のためのいろいろな方法をじっくりと探してみましょう。